ほんやく備忘録

フリーランス翻訳者です。日々、感じたことやメモなどを書いてます。

「教養としての投資」

f:id:chara21:20210223170812j:plain

 

いつどこで、どんな気持ちでこれを購入したのか…まったく記憶にないのですが、気付いたら自分の本棚の結構目立つ場所に積読されていた本です。たぶん、翻訳の勉強のためとか思って買ったのだろうと思います。タイトルも表紙もなんだか自分のテイストと違うような気がすると思いつつ読み始めましたが、なかなか良い勉強になりました。

多くの日本人は株は危険、失敗して損するかもと恐れますが、それは短期間に頻繁に売り買いする投機のことで、本来すべきなのは投資であり、しっかりと企業の研究をして、長期で保有すれば損をすることはないという内容でした。

これを読んでから株式投資に興味を持つようになりました。投資するならどの会社がいいのかなとか、世の中はどんな方向に進んでいくかなとか考えるのも意外と面白い。例としてナイキの話が出ていましたが、ナイキのスニーカーを履いて、アップルウォッチ・ナイキを付けて走っている私としてはやっぱりナイキかなと思ったり、近所のマックの看板を見ながら、マックは50年後も形を変えて生き残っていそうだなと思ったり。  ただ、長期保有前提でも投資するとしたら、やはり企業研究をかなりしっかりしていないとだめだという旨の話もちゃんと書いてあります。自分としてはそこに時間をかけるならば、翻訳の勉強に時間をかけたいというのが正直なところです。

銀行にお金を預けたままにしていても金利はほとんどないようなものだし、今後インフレになったりしたら、今のままでは目減りしてしまい、株で損をする前に、何もしないで損をするという結末もありうるし。なんて偉そうに言ってますが、これもこの本を読んだ後に付け焼き刃で付けた知識です。

今更ながらですが、お金のことを真剣に考え始めるきっかけになった貴重な一冊でした。経済や投資にも広く興味を持てるようになって、自分の翻訳にもプラスになったような気がします。このタイトル通りの本でした。

自分のテイストと違う…なんて言ってちゃだめだなと反省しました。

最近の傾向

数年前からAI翻訳などというものが出現し、多くの翻訳者は厳しい状況にいるのではないかと思います。さらに昨年から新型コロナまでやってきて翻訳の仕事自体が減っている模様です。ただ新型コロナはいずれなくなると思いますが、AI翻訳は上達し続けるらしいので、どちらかというとAIの方が嫌な感じです。

そんな状況の中、日々対応している翻訳案件も刻々と変化しているのを感じます。

以前と変わらず、契約書や社内文書などをメインでやっていますが、同じ契約書でもよくありがちな定型に近いようなものはめっきり減りました。そして、複雑で読み解くのに時間がかかるような契約書とか、リーガル文書といいながらよくみるとリーガルじゃない気がする、と思うようなもの(マーケティング資料的なものとか)が来ることも増えました。

契約書は専門用語に慣れていればある程度できてしまうこともありますが、それだけじゃ対応できない案件も増えている気がします。もっと基礎的な英語力、日本語力をしっかりつけなければと、翻訳演習の課題をしたり、ニュース記事や翻訳本の分析をしてみたり、基礎に戻って文法書を読んでみたり、普通にたくさん読書してみたり、といろいろ試行錯誤しています。

試行錯誤の旅はやってもやっても終わらない感じです。本当に好きじゃないと続けていけない世界だなと感じます。どんな分野でも同じなのかもしれませんが。

 

アップルウォッチ

f:id:chara21:20210216180001j:plain

先月、アップルウォッチを買いました。

ずっと欲しかったけどちょっと贅沢な気がして、何カ月も考え抜いてやっと買ったので喜びもひとしおです。

まず届いた時の箱から、包装からおしゃれでした。ああいうニート(neat)な製作物は昔は日本人が得意とする分野だったはずなんですがね。

最近は毎日、土手を走っていたのでナイキバージョンにしたのですが、数週間前からヒザの調子が悪くて走れず…人生こんなもんよね、と若干凹んでいましたが、タイマーやら、メールのチェックやら、リマインダーやら、運動管理やら、定期的に立つように促してくれたり、睡眠状態を把握したり、etc.、一番の目的だったランニング以外のところで思った以上に役立ってます。何よりも仕事の時間管理がしやすくなって、秘書のように仕えてくれています。フリーランス翻訳者にとってはかなり費用対効果の高いツールです。(なんか通販番組みたいになってますが、ちなみにアップルからはなにももらってません。)

こんなことならもっと早く買えばよかった。

ゲッターズ飯田

占いは昔から結構信じていましたが、ここ数年はゲッターズ飯田にはまっています。

昨年の初めになにげなくゲッターズ飯田の占い本を立ち読みしたら、その前の年の状況を怖いくらいに当てていて、それ以来ずっとゲッターズの占いを参考にしています。昨年は裏運気で動いてはいけない年でした。考えてみたら12年前の裏運気の時になんと私は転職と引っ越しをしていて、その後散々な目にあいました。

そして去年の裏運気。新型コロナもあって、どちらにしても全然動けないし人とも会えず、動き続けていたい性格の自分にとってはきつい一年でしたが、ゲッターズの言う通りに、ひたすら家でひとり勉強してました。偶然ではありますが翻訳演習の講義なども受けていたので、そこでとても良い学びができました。やっぱりゲッターズに従っておけば間違いないと確信したのでした。

ゲッターズが良いのは、運勢を当てるだけでなく、こんな運勢だからこんな風な心構えでいた方がよい、とかその対処法も伝えてくれていることです。さらに、裏運気だから悪いということではなく、それに合わせた対策を練ればよい、そこから学べることがあるのだから決して悪い時ではないと前向きなとらえ方をしているところです。それにつられて自分も前向きに考えられます。

フリーランスでいると、自分ひとりで決断しなければならないことが多いので、指針となるものがあると助かります。

2020年は新型コロナが始まり、大変な年でした。2021年も感染者はそう簡単には減らなそうですが、自分自身や世の中全体の運気の波は何かしら変わるのではないかと思います。昨年の今頃、まさかこんなことになるとは思わず呑気に一年の抱負などを日記に書いていたことを思うと、来年の今頃、自分はどんな気持ちでこれを読みかえしているのだろう、と思ってしまいます。世界はどんな状態になっているのでしょう。少しでも前向きに進んでいられたら良いなと願います。

f:id:chara21:20201231163111j:plain

昨日、大晦日の夕焼け

 

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

日本人のお母さん(著者)とイギリス人のお父さんを持つ中学生の男の子がイギリスの学校で経験する様々なことを、イギリスの社会問題などについても触れつつ描写した、社会学の教科書にもなりそうな本でした。

イギリスがどんな問題を抱えて、それが日々の生活に、特に子供の学校生活にどんな影響を及ぼしているか、イギリスの人たちの日常はどんな感じなのかが手に取るように分かって興味深かったです。

社会問題の内容よりも、その問題が隠されることなくこんなにもあからさまに表出されている事実に驚きました。

今、新型コロナの変異種がイギリスで見つかったと世界中で大騒ぎになっていますが、見つけて発表したのがイギリスなだけで、もうとっくに他の国にも存在しているかもしれない、最初の出所もイギリスでない可能性だってあるし。イギリスが発表したのをきっかけに世界中でそれを調査分析し始めたと考えると、イギリスの誠実な対応に感謝したいくらいの気持ちです。

イギリスには存在する問題を隠すという発想自体がないのでしょうか。問題山積ではありますがなんだか分かりやすくて明快です。なんでも隠したがる日本とは対照的です。

この主人公の男の子はとてもまっすぐで核心をついた発言をします。核心をつくと結果的に人にやさしくなれるのかもしれないと感じました。人の気持ちが分かるという意味ではとても想像力の豊かな子だなと感じました。想像力ってとっても大切だと思います。

フリーランスの立場

昨日依頼が来た案件、今日にmemsourceファイルができあがり、作業開始となりましたが、昨日のメールで伝えられていた分量から四分の一くらいになってました。

昨日聞いていた分量だと、納期から換算するとあんまりゆっくりしていられないなぁと思っていろいろ準備して、あとから来た他の翻訳会社さんからの依頼をお断りして、いざ!と意気込んでいただけに結構ショックでした。

何事もなかったかのように数量が激減した発注書を送ってきたのでちょっとびっくりして、数量が大きく変わりそうな時は事前にお知らせください、とやんわりと伝えたら、恐縮しまくりの返信が返ってはきましたが、こういう時、やはりフリーランスの立場は弱いなぁと感じてしまうのでした。

洋書の森『一人の訳者ができるまで』 夏目大先生

夏目大先生のお話&翻訳ミニ講座をオンラインで受けました。

関西の方だからでしょうか、いつもおしゃべりがとっても面白いです。結構笑えます。

そして講座のパートでは夏目さんの訳書「タコの身体問題」を題材にした解説。こちらは面白いだけじゃなく、翻訳をするにあたっての注意点とか心構えみたいなものを細かく学びました。すごい勉強になりますが、やっぱりこちらも笑えるポイントがいっぱい。面白過ぎる。

原文を読んで自分が心に描いたものをそのまま読者に届けたい、それが訳文を考える時の判断基準、というようなことをお話されていたのが印象的でした。そうか、そうだよなぁ、と思いつつ、そのためにはネイティブのような英語の読解力をつけて、小説家のような日本語の表現力をつけなければならないな…と思いました。

出版ほどではないかもしれませんが、自分が毎日やっているビジネス文書も心意気は同じです。

う~ん、頑張ろう、と思いました。