ほんやく備忘録

フリーランス・リーガル翻訳者です。日々、感じたことやメモなどを書いてます。

iPhone5購入

2010年から使用しているiPhone4の動きが鈍く寿命を迎えているようだったので、やっと昨日、新しくiPhone5sに買い替えました。

前回、購入した時はiPhone4が出たばかりで行列に並んでやっと入手したような。あの頃はまだSteve Jobsも頑張っていたし。。

今回、久しぶりにスマホ売り場をうろうろしてみて、品揃えの多さ、スマホ市場の競争の激しさを感じ、時代の移り変わりを感じました。

ずっとソフトバンクだったのですが、乗り換えたら安くなるかなと思い、お店の人に聞いたらあまりその効果は今はなくなっているとのこと。もし乗り換えるならアンドロイドにして乗り換えたらそちらの方がお得度が高いかもしれないと聞いて、急遽、アンドロイドも選択肢に入れることに。そうなると選択肢は一気に広がり、さらに混迷を極めてしまいましたが。

アンドロイドだとお財布携帯にもなるし、カメラの機能が素晴らしい、とか聞いているうちにすっかりアンドロイドにしたくなった瞬間もありましたが、結局、これまで使ってきたアプリの中身を失う勇気がない、もう一つ大きな決め手としてiPhone5の小ささが私の小さい手にちょうどよく、電話をしても大きさ的に自然かも、というとても初歩的なデザインで決めた感じになりました。

アンドロイド携帯は大きい画面のものが多くて、Web検索をたくさんするので最初はいいかなと思っていましたが、いざ目の前にしてみるとちょっと大きすぎるかなぁと。

私はiPhone5の小さいのがおしゃれに感じましたが、確かに小さすぎて近眼になりそうなので、必要に応じて、先日、購入したiPadと併用しようかなと思っています。

今回は初めてソフトバンクからauへの乗り換えというのにもチャレンジしてみました。同じiPhoneなのでチャレンジというほどのものではないですが、携帯を生まれて初めて所有した時からボーダフォンの時代から(時代を感じます)ずっと使っているので、自分にとっては大きな変化です。乗り換えてほんの少しだけ安くなるのと、家で使っているケーブル会社と提携があって月1500円ほど安くなる、ソフトバンクに若干飽きている、近所のソフトバンクのショップ店員が以前に比べて横柄になっている(ような気がする)というような様々な理由から、今回、思い切って変えてみました。auの方が後発なので、通信の状態とかはどうなのかなという不安は少しありましたが、ちょっと劣性だけど頑張っているみたいなのが好き、というへそ曲がりな性格も影響したかもしれません。

今回の買い物では改めて時代、技術の移り変わりの速さとか国際的な競争の激しさを感じました。次にスマホを買い替える時はどんな風になっているんだろう、ガラケーでもスマホでもない新たな何かができているのか、スマホがものすごい進化していくのか、それとも意外と逆にシンプルになっていくとか?とっても興味深いです。