ほんやく備忘録

フリーランス・リーガル翻訳者です。日々、感じたことやメモなどを書いてます。

ijet

6/21~22に行われていた翻訳者のConferenceへ行ってきました。

http://ijet.jat.org/ja/site/index25 

こういう集まりに参加するのは初めてだったのでとても新鮮でした。

スピーカーは有名な翻訳者や英語関係の本をたくさん出されている先生ばかりで、セッションの内容も翻訳の勉強に関するものだけではなく、翻訳者のための資産形成、ストレスマネジメント、仕事場環境について、翻訳業界の現状と翻訳者の取るべき道、などなど盛りだくさんでした。

在宅で翻訳をしていると情報を得る機会が限られるので、様々な情報を得られた貴重な二日間となりました。

またlaw関係の翻訳についてのセッションでは、普段から疑問に思っていた契約書の英語の言葉の選び方や、法律関係の勉強まで実の濃い内容でした。

多くの人の前に出る機会も最近は全くなくて、会話という意味での英語にも全く触れていないので、そういう意味での自分の力が思った以上に落ちていることにも気が付き、若干の危機感を抱いたのも、気付けたと言う意味では良かったかもしれません。

 

翻訳は実力の世界。とにかく自分の力を磨き続けなければ、というのが全セッションを通しての感想です。

力を磨くためには、英語を読む力、書く力、法律関係の知識、PC関係の知識、そして何よりも日本語力、と磨かなければならない課題は山盛りのようです。

また、あるセッションで、翻訳という仕事をする目的をちゃんと考えることの大切さをお話されていて、とても共感できる部分がありました。どんな姿勢で翻訳の仕事を続けていくかは自分がこの仕事を続けていく上で、日々どんな選択をしていくかの基礎となるものになるだろうし、その各翻訳者の姿勢が翻訳業界全体にも良くも悪くも知らず知らずに影響を与えているものかもしれない、と。

山盛りの課題を目の前にして気持ちばかり焦ってしまいそうですが、ストレスマネジメントのセッションでは、問題を書き出して整理整頓する、と学んだのでこれからするべきことを書き出して頭の中の整理整頓をしたいと思います。

有意義な二日間でした。

翻訳も熱い世界です。