ほんやく備忘録

フリーランス・リーガル翻訳者です。日々、感じたことやメモなどを書いてます。

「役務」か「サービス」か?

請負契約などで出てくる"Service"は、「役務」か「サービス」かは毎回、少し悩みます。

 

ネット検索で「役務」「契約」と入れると、国や地方自治体がらみのページが多く出てきました。

一方、「サービス」は、IT契約、コンサルティング契約などの話題が多く出てくるようです。

大辞泉によると「役務」は「公的な仕事、また他の人のために行う労働」とのことです。

 

結果、今、作業しているのはコンサルティング関連の契約なので、「サービス」で行こうかなという感じでしょうか?「他の人のために行う労働」である「役務」の存在がちょっと気にはなりますが…基本、契約書などに出てくるServiceはほとんど全部が、他の人のために行う労働だと思うので。

Serviceは結構、頻繁に出てくる単語なので、ちょっとしたことかもしれませんが、非常に気になるところです。