ほんやく備忘録

フリーランス・リーガル翻訳者です。日々、感じたことやメモなどを書いてます。

ひとり会議の教科書

 頭の中を整理整頓したいなぁ、と思っていた時にこの本を見つけました。

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

 

 一人コーチングに近い感じかもしれません。

「今からひとり会議を始めます」と言うところから始まり、アイスブレーキングもします。もちろん全部、ひとりで^^;

なんだか怪しい感じもしてきますが…

したい事、しなくちゃいけない事がたくさんあって混乱気味だった自分の頭の中をクールダウンさせるにはとっても良い本でした。

複数の人と一緒に仕事をしている時はみんなで集まって話し合い、意思の疎通などが必要ですが、一人で仕事をしているので、自分の中の様々な考えや思いの意思疎通みたいなものが必要になります。

フリー会議、スケジュール会議など状況に応じていろいろな会議が紹介されていますが、ブレストのような問題対策会議などもあります。

ひとりでブレスト…なんだか寂しい響きもありますが、良く考えてみたら誰でも日々、やっていることのような気もします。

会議の基本的なルールとして、できない理由を考えるのではなく、「どうしたらできるか?」を考えて最終的にはTo Doに落としていきます。これが一番、重要なところです。

さすがに「これから会議を始めます」と一人で言ってませんが、そんな感じの意気込みで最近はこの会議にはまっています。

ちなみに、多重人格者とかではないです。人格は一つのままでやってます。