ほんやく備忘録

フリーランス・リーガル翻訳者です。日々、感じたことやメモなどを書いてます。

フリーランス4年目に突入します。

今日から新年度です。

自分がフリーランスになって4年目に突入します。

これまでの3年間を振り返り、今、思うことをメモっておこうかと思います。

 

・特に最初の1~2年はたくさんトライアルを受け、来た仕事はなんでもやってきました。そして今、活発に取引をしている翻訳会社は、自分から探してトライアルを受けてという始まり方ではなく、知り合いからの紹介とか、勉強会で出会ったきっかけでとか、どこかで私の情報を得て向こうから連絡が来た(どこからかは忘れましたが)といった自分発信ではないところからばかりが残っています。常に取引先を増やしたいと思っていますが、その場合、本とかネットで翻訳会社を探すというアプローチよりも、翻訳祭や勉強会などに顔を出して名刺を配る、などの活動をした方が長い目で見るとよいような気がします。急がば回れ、ですね。

 

・この3年でかなりの投資をしてきました。勉強会参加などもそうですが、専門辞書、参考書、ツール、PC、PC周辺機器、ソフトウェアなどなど。辞書もいろいろ購入しましたが、試行錯誤した結果、常に使うものは1冊に絞られ、その辞書はボロボロになり、最近、2冊目を購入しました。翻訳ツールも結構、高額なものを1つ買いましたが、リーガル翻訳にはツールはあまり使えない、という結論に至り、どちらかというとワードのマクロ等の方が自分の分野、性格には合っているのかなという印象です。全く使用していない参考書、本などもたくさんありますが、特に最初のうちは、使ってみないと分からない部分もあるので必要経費だった、と思うようにしています。

最近は、勉強会や本や機器など、かなり慎重に選んで買うようにしていますが、あまり慎重になりすぎて腰が重くなるのもよくないかと。積極的に勉強する気持ちは意識的にキープしていきたいと思います。

 

・健康問題。はじめのうちはとにかく、ひたすら仕事していましたが、首やら腕やら歯やらいろいろと故障があり、長時間労働しては、体調を崩して休むを繰り返していました。去年くらいから「健康ファースト」を掲げ、「疲れる前に休む」をキーワードに運動に力を入れてきました。その結果、定期的な体調を崩して休むリズムがなくなりました。それどころか、運動に力を入れすぎ、ジム通い、ダンスレッスン通いで予定がいっぱいになり、仕事量が減り、収入も減る、といういいんだか悪いんだか…という感じになってましたが、それでも筋力増強などで、良い仕事が持続的にできるようになるということにつながるような気がするので、うまくバランスをとってこれからも「健康ファースト」「ジム通いファースト(?)」という方向でいきたいと思っています。

 

・翻訳力について。最初のころは、とにかく自信がなくて、ちっちゃなことも全てネットで詳細に調べ、参考書を隅々まで探して、という作業に時間をかけてました。最近はさすがに契約書などについては、知識も増えて、以前より調べる時間は減ったと思います。ただ、念のために調べるという姿勢は崩したくなくて、辞書を引いたりネットで調べたりというのは今でも結構、時間をかけています。翻訳スピードを上げたいというのは常に課題ではあり、そのためにはいつまでも辞書に頼らず、自分の頭の中にある記憶からいろいろと引き出して自由自在に文章を作れるようになることが理想なのかもしれません。今後の課題かなと思います。勉強会や翻訳学校のクラスなどで、腕を磨くというのはずっと続けていきたいと思っていますが、今後、自分がどんな翻訳をしていきたいのか、今の自分に足りないものは何なのか、をしっかり考えてそれに合ったものを選んでいきたいなと思います。

 

フリーランス10年越えを目指していますが、気が付いたら4年目に突入し、時間の経つのが早いことにも驚いています。いろいろなことをどんどん忘れていくので、記録することの重要さも強く感じています。過去の日記などを読み返し、その時の自分の頑張っている姿に今の自分が励まされたりもします。なにしろ1人なので、何かを決めるのも、反省するのも、鼓舞するのも自分で自分にしてあげなくちゃいけないし。ちゃんと自己管理して、今年度も頑張ります。